投資家による原野、山林を購入する需要理由

ページのトップへ戻る

土地投資の時代

1980年代半ばからの経済拡大を受けて、株式や土地への投資が活発になって行きました。

それにより金融機関の投資姿勢の積極化もあり、別荘用地や値上がり期待で原野山林が盛んに売買されました。

2010年の路線価は大幅な下落を示しました。

ページのトップへ戻る

リーマンショックが追い打ち

バブル崩壊は1990年中頃と言われていますが本格的に実害を破った2000年前半までを崩壊による景気悪化と捉えられています。

追い打ちをかけたのが2008年のリーマンショックです。

2010年の路線価は大幅な下落を示しました。


今が売却検討の時期

現在、世界的な金融緩和と日本の財政出動に加え民間の設備投資も増加し景気も上昇しています。

自然エネルギー用地、海外からの投資など、価格上昇の今が売却のチャンスといえます。


お知らせ